■ Search

■ Latest Entry
■ Recent Comment
■ Category
■ Archive
メンテナンス【maintenance】其の弐
メンテナンス【maintenance】其の壱で、

 オイル塗布すべき条件はご理解いただけましたでしょうか?

 乾燥した状態を知らなければ、乾燥を防ぐ=オイルで湿らせた状態になってしまってもしかたないですよね。


一体全体【メンテナンス】って?

 ご購入頂けますお客様にお伝えしますのは、『お客様ひとりひとり、使用状況や使用環境が違うため状態を見ない限り責任を持ったお答えはできません。』とお話させていただいております。

使用状況などには、毎日使われる方々、土・日曜日など休日のみ使われる方々、お財布などデニムのポケットに入れて使用される方々、カバンに入れて使用される方々、などなどお客様それぞれでございます。


皆様に共通してお伝えしておりますのは【コバの状態】でございます。

当社のお財布やベルトにはヌメ皮革を使用しておりますので、コバ面を一生懸命磨いております。

メンテナンス【maintenance】のひとつに、保守・維持の意がございます。

ベテランの方々は、この【コバ面】が、新品以上に磨き上げられ維持されております。


ベテランの方々ほど、コバ面を見て製品の善し悪しを判断され、皮革熟練度と愛情を判別されております。


【コバ面】を新品の状態のように磨き上げることも、メンテナンス【maintenance】のひとつでございます。




| manifold | メンテナンス【maintenance】 | comments(0) | trackbacks(0) |
メンテナンス【maintenance】其の壱
昨今、

 ご購入のお客様より、『メンテナンスって、どうしたら良いですか?』と、聞かれます。

 とてもうれしいご質問でございます。

メンテナンス【maintenance】
・維持、管理
・営繕、保守 などの意味がございます。

お客様にどのようなメンテナンスについてなのかお聞きしますと、

 『オイルはどこの何が良いのか』『オイルはどのくらい塗れば良いのか』などなど、

 オイルを塗ることがメンテナンスとなっているようでございます。

 いつの間にか “神話” となっておりました。


私共が開業した当初は、H・D用の SADDLE SEAT・SADDLE BAGが全盛の時代でございました。

お客様には、ヌメ素上げであることをご説明し、定期的にオイル塗布していただくことをお約束させていただきました。

そして、色ごとに相性の良いオイルをご提案させていただき、塗布し過ぎても程々に大丈夫なオイルをご提供させていただいておりました。



なぜオイル塗布が必要なのでしょうか?

それは、屋外において雨風・紫外線に常にさらされて、日焼け&乾燥しヌメ皮革としては過酷な使用状況であることが前提だからでございました。

ガレージ保管・カバーを被せての保管については、湿気が大敵となるため通気をよくして乾燥させて頂くことをお願いしてまいりました。

オイル塗布は、【皮革が乾燥している=塗布すべき条件】となっておりました。


ベテランのお客様などは、一瞬で皮革の状態を判断して、適切なメンテナンス方法を提案されます。
お財布、ベルト、バッグ、クツなどなどまで、使用状況に応じて適切にご判断されております。

どのように判断されているのかを聞きますと、皆様そろって『皮革に聞いてます!』と…。

永年の経験と愛情を注いでこられたので、判断できるのですね…。


そして皆様、

 『時にオイルを塗ることも必要だけど、メンテナンスってそれだけじゃないよね。』と申されます。

メンテナンスの意味をご理解された方々には簡単なことなのですね。



| manifold | メンテナンス【maintenance】 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
■ Links
■ Profile