■ Search

■ Latest Entry
■ Recent Comment
■ Category
■ Archive
春シャツ by DOPE&DRAKKAR
さて皆様、前回までの“皮革ルアー”お話いかがでしたか?

なにも、あそこまで自分を落とさなくても良い様な・・・。


私、“昼の部 担当者”も、もっと手っ取り早い方法でいいじゃんと感じることが多々ありました。
思い返すと、“夜の部 担当者”の答えの導き方をまねしてみると、解らなくなったり、時間がかかったりしてしまいますが、ある時から“光”が見えてくるのです。

それが今の私のちょっとした自信になっています。

そんな自信はこちらの方々にもたくさんいただいています!



本日の本題です。

もうすぐ4月ですが、まだまだ寒いっ!!
日によってはまだダウン等のアウターが手放せない事もございますが、
インナーはそろそろ春仕様にしていきたい気分です。

そんな中、DOPE&DRAKKARさんからシャツが入荷して参りました。

121-3359-0 レインボーウェスタンシャツ M ¥17,850yen
こちらは、DOPEさんオリジナルの生地だそうです。
しかも、かなり昔に作られた生地。
カットプレッサーという素材で、編み物のような雰囲気が特徴です。
製品染めでグレー系の色を乗せ大人のレインボーになっています。

展示会を訪れた時も、“夜の部 担当者”一目惚れの一品でございました。
(会場に入った瞬間、「おおっ!!」と釘付けでした)


121-3355-0 ガーゼストライプウェスタンシャツ(GRAY) XS,XL ¥18,900yen

121-3355-0 ガーゼストライプウェスタンシャツ(SAX) M ¥18,900yen
毎年恒例のガーゼ素材。
今年はストライプ柄にココナッツのフルーツ染めを施されとても落ち着いた雰囲気に。

私 “昼の部 担当者”、この素材に惚れてしまいまして毎年1枚必ず購入しております。
(今年で4枚目になるかな...)
ふわっとさらっとした肌触りで、包まれ感がたまりません。
真夏でも気持ちよく着ていられる素材です。



同じウエスタンシャツでも、素材や柄が変わればこんなに雰囲気が変わります。
そこにアウターやパンツを組み合わせて、もっと様々な自分を発見して演出するのが洋服の楽しさかもしれませんね。


この春も、ちょっと自信つくのかな・・・。




| manifold | DOPE&DRAKKAR | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://anachronism.manifold.jp/trackback/62
■ Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
■ Links
■ Profile